税理士法人えがお 融資相談ならお任せ!

資金繰りコーチ

トップページ > 業務案内 > 資金繰りコーチ

連絡先
所在地
〒541-0041
大阪市中央区北浜三丁目5番19号
淀屋橋ホワイトビル317号室
TEL
06-6282-7358
FAX
06-6282-7622

資金繰りコーチ

資金繰りコ−チ

「もう資金繰りには困らない!財務力を手に入れよう!」

 

こんな悩みはありませんか?

 

・利益がでているのに資金繰りがキツイ

・銀行の担当の方に言われ定期預金を定期預金をお願いされるが断れない

・事業計画を何度出しても融資が出ない

などなど

 

資金繰りのお悩みの原因は『お金の借り方』と『社長の成績』が悪いからなのです!

お理解いただけると思いますが『業績が良く』『資金も潤沢にある』社長さんには「是非借りてください!」と担当者や支店長が日参するでしょう。

 

私たちは『正しいお金の借方』や『社長の成績の伸ばし方』をお伝えしております。

もちろん、今日話を聴いて明日融資が決まる、そんな都合の良いお話は致しません。

数カ月から数年かけて「社長!お金借りてください!」と言われる会社になってもらうことがゴールです。

そして成果を客観的に測る物差しとして、金融機関が使用している「CDR」という企業の格付けソフトを税理士法人えがおも利用し、銀行との折衝を有利に導きます!

 

例えば、昨年比で売り上げは横ばいで、仕入、人件費、広告費、消耗品費が2%ずつ増えていたとします。

合計8%支出が増えたので赤字に転落したとします。

 

あなたならどう行動しますか?

売上を増やす努力をしますか?

人件費を削りますか?

全ての経費を削減、仕入も安い先に変更しますか?

 

もちろんどれも悪くはありません。しかし、資金繰りコーチとしては仕入と消耗品費の見直しを提案いたします。

 

売上はこのご時世、8%以上上げられますか?難しいのではないでしょうか。

人件費も広告費も会社の収益に欠かせない経費です。いわば『戦略的支出』です。

仕入と消耗品費を2%づつ減らしてみましょう。経費の上昇は4%ですから売り上げも4%の上乗せでよくなります。

広告をしっかり検討し効果を出せば問題なく回収できるでしょう。人件費も高いままということは給料が高いままだから社員一人ひとりのモチベーションが高いか、増えた人材の分収益が増えやすいことが予測できます。

 

そして最後に『従業員と経営者の信頼関係の構築の仕方』です。

資金繰りのお話なのになんで?と思われるかもしれません。しかし全従業員が一つの方向を向いていれば業績は必ず伸びます。

「東大に行きたいんだ!」と考える子たちをレベルアップさせ東大に入れることはできるでしょう。しかし「勉強したくない!」と考える子たちを東大に入れることは不可能です。

この例のように資金繰りだけで考えては「その場しのぎ」でしかありませんので業績は期待できません。税理士法人えがおは資金繰り問題を中心にトータルコーディネートをさせて頂きます。

詳しい内容、料金はお気軽にお問合せ下さい。

電話

06-6282-7358 淀屋橋本店

072ー430-5811 岸和田事務所

メール

pier-genkikeiei@tanakakaikei.jp

この部分に文章を入力してください